名古屋工業大学図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

教職員の「おすすめ図書」

岡本 英二 先生

(創造工学教育類 / 電気機械工学(電気電子分野)/ 准教授)

物理数学の直観的方法 : 理工系で学ぶ数学「難所突破」の特効薬. 普及版

長沼伸一郎 講談社 2011.9

請求記号:421.5||N 16 図書ID:6008016 

技術とは想いをカタチにする変換子であり、世の中の様々な想いに対処するために、理系の技術者にとって一般化した概念を取り扱えることはとても重要である。しかしながらその原動力となる理系科目の理解は難しい。この理由の一つが、汎用性を有する記述からスタートして最後に簡単な事例を紹介するという教科書の構成にあるような気がする。これは厳密性を保持する上では必要不可欠であるが、技術者にとってスタートすらできないという状態を生み出す危険性もあると思う。

本書はこの空白を埋めてくれ、直感的に数学と物理の記法が何を言っているかを教えてくれる貴重な指南書である。学生時代初めて出会ってから2年後ぐらいに、本書でrotが水車だと知ってからの私は生きとし生けるものが美しく毎日が楽しかった。

数学と物理の記法に困っている方はご覧になってみてください。

    f:id:nitlib:20200803095956j:plain

 

移動時間のつぶしかた

 現在、在宅勤務と職場への出勤を交互に行っておりますが、出勤時に乗る電車がどんどん混んできたように感じます。
学校が始まり、在宅勤務から職場の出勤が増えてきた影響でしょうか。
以前とはまた違う日常に戻りつつあるように感じる今日この頃..。
 
 話は変わりますが、皆さんは移動時に時間をつぶす時にどのように過ごされますか?
スマホでゲームしたり、動画見たり、読書したり..と色々あるかと思いますが、私の鉄板のスタイルは、音楽を聴きながら読書です。
スマホは落としそうなので、あまり外ではポケットから出さないんですよね..。
ただ、読書といっても私の悪い癖なのですが、基本的に好きな本を何回も毎年読んでたまに読んでいない本を読むので、本を読む割に知らない作品がものすごいあります。
好きなセリフは諳んじることができるくらい読み込んでいるんですが、今年は新しい本をどんどん開拓していきたいです。
 
 ちなみに最近読んだ本で大学の図書館に置いてある本あるかな、と思って調べていたらちょうど一冊見つけましたので最後にご紹介。
有栖川有栖さんの「マレー鉄道の謎」です。
タイトルだけ聞くと聞いたことないな、と思った人もいるかもしれませんが、
「臨床犯罪学者 火村英生の推理」は聞いたことがあるのではないでしょうか?
斎藤工さんと窪田正孝さん主演でドラマ化もされました。
このシリーズがたくさんあるんですが、その内の一冊になります。
ドラマもよかったですが、原作も面白いので興味のある方は是非一度読んでみてください。
 

有栖川有栖 講談社 2002.5

請求記号:913.6||A 76 図書ID:1290983

教職員の「おすすめ図書」

f:id:nitlib:20200708090427j:plain

奥村 圭二 先生 (物理工学教育類・専攻 材料機能分野/准教授)

 夢を持ち続けよう!

根岸英一 共同通信社 2010.12

請求記号:289.1||N 62 図書ID:1339111

皆さんは夢を持っていますか。この本は2010年度ノーベル化学賞を受賞された根岸英一先生の自伝的な書籍です。夢に向かって、自分が活躍できる場を常に求めて行動し、人生の転機には大きな決断をする。夢を持ち続けること、その目的を達成するには好きなことを徹底的に追求する。先生自らが実践してきたことを読者に紹介しています。現在、コロナ禍にありますが、通常の生活に戻った時のためにも夢を持ち続けましょう!

 

電子ブック「岩波書店『現代人の教養』100冊」のすゝめ

工科系単科大学の図書館としては、工学分野の図書を優先して、購入しますが、新型コロナウイルス感染症対策として、閉館していたこともあり、通常よりも幅広く、学生さんからリクエストをうけて、電子ブックを整備しました。

 

本ブログで、繰り返しご紹介している電子ブック「岩波書店『現代人の教養』100冊」も学生さんからのリクエストを参考に導入しましたが、皆さんはもう覗いてみましたか?

名著と言われる図書だけではなく、おやこんなタイトルもある!と、個人的にも読んでみたいラインナップでした。

 

最近、平安文学に関心を持っているので、早速、

「平安女子の楽しい!生活 / 川村, 裕子(岩波ジュニア新書 772)」

を読みました。岩波書店のサイトには、「岩波ジュニア新書は小中学生から大人世代まで,幅広く読める入門新書です。」とあります。この本も、文章は、中学女子向け?ですが、平安時代の建物のつくりや衣装等を多くの図版で解説していて、分かりやすいです。

 

今から読んでみようと思っているのは、

ウイルスと人間 /山内, 一也(岩波科学ライブラリー 104

2005年出版ですが、ウィルスに関する基本的な知識を得られそうです。

 

学校で教えてくれない音楽 / 大友良英(岩波新書 新赤版 1520

著者は「あまちゃん」の音楽を担当した方ですね。

 

他に、いつか読もうと思っていた名著たちもあり、楽しみです。

西遊記10巻!は、読み上げ機能で聞いてみようかと思いましたが、残念ながら漢字の読みの精度がよくない部分があり、地道に読むことにします。

 

タイトルリストを見てみるだけでもおすすめしますので、まだの方は、一度アクセスしてみてください。

f:id:nitlib:20200714092245p:plain

 

青空文庫

 新型コロナウイルス感染症だけでなく毎日続く雨のため、外出をためらう人も多いと思います。毎日家で過ごしていて、ゲームもテレビも飽きた!暇!という皆さんに、青空文庫という電子図書館を紹介します。

https://www.aozora.gr.jp/

  青空文庫では、著作権の消滅した作品(著者の死後70年経過(2018年末までは著者の死後50年経過))あるいは「自由に読んでもらってかまわない」とされた作品が、ボランティアの手によって電子化され、インターネット上で無料公開されています。

 夏目漱石、太宰治、宮沢賢治といった日本を代表する作家だけでなく、アンデルセンやドイルなどの海外作家の翻訳作品も読めます。

 2020年6月のアクセスランキングを見たところ(ランキングがたびたび出てくるブログです)、芥川竜之介「羅生門」がランキングNo.1でした。2位以下も横綱級の作品が続きます。

https://www.aozora.gr.jp/access_ranking/2020_06_xhtml.html

 著作権の消滅した作品が中心のため公開されているものは過去の作品が多いですが、作家一覧を見ていたところ、名工大図書館でも多数所蔵している「数学ガール」シリーズやプログラミングの本でお馴染みの結城浩氏のお名前があって、驚きました(「自由に読んでもらってかまわない」枠ですね)。オー・ヘンリーなどの小説を翻訳されたものが読めます。

  なお、この春以降ブログでたびたび紹介しているとおり、図書館では電子ブックを続々と購入しています。学習用の科学・工学に関する図書が中心ですが、今年度はそれだけでなく、3月末までは岩波書店「現代人の教養」100冊も読めるようになりました。

名工大で購入した電子ブックは、EZproxyまたはシボレス認証(学認)により、自宅のPC・スマホから利用可能です。

http://www.lib.nitech.ac.jp/guide/for-on.html#remort

 

青空文庫や電子ブックで、読書の梅雨を過ごしてみてはいかがでしょうか。

生協学生委員会 本紹介【テーマ:電子ブック、使ってみません?】

生協学生委員会のみなさんによる本紹介。

毎年、図書館の展示コーナーを素敵な紹介図書で飾ってくれる生協学生委員会のみなさんですが、今年は図書館が閉館中でしたので、準備していただけず展示を断念・・・。

そこで、いつでも場所を選ばず(ネットワークは必要ですが)利用できる電子ブックをご紹介いただきました。

生協学生委員会のみなさんのコメントです!

こんにちは!生協学生委員会Camプロジェクトです。

突然ですが、名工大図書館には「電子ブックサービス」があるのをご存じですか?

図書館に行かずとも、本を利用することができる!本を持ち歩かなくても、電子機器さえあればいつでもどこでも本を読める!そんな良いところいっぱいの「電子ブックサービス」の利用方法を、Twitterで紹介させていただきました。

名古屋工業大学生協学生委員会Twitter

工学系の学術書はもちろん、他にも様々な分野の本が揃っています。また、読みたい本をリクエストすることもできます。勉強のために利用したい方も、本を持ち歩くのが億劫で本から遠ざかっている方も、これを機に電子ブックを使ってみてはいかがでしょうか。

 

名工大リポジトリランキング

前回のBOOK of the YEARの記事に続き、ランキングシリーズ第二弾!
今回は、図書館の本ではなく、名工大リポジトリにまつわるランキングです。
名工大内で生産された学術情報を検索、閲覧することができる名工大リポジトリでは、3つのランキングが生成されています。今回はそれらを、一挙にご紹介します。
(ランキングは、2019年6月25日から2020年06月24日までの集計です)
 
まずは、「最も閲覧されたアイテム」ベスト3!
「最も閲覧されたアイテム」では、1位と2位が学術雑誌論文、3位が紀要論文という結果でした。
 
続いて、「最もダウンロードされたアイテム」ベスト3!
こちらは「最も閲覧されたアイテム」と違い、ベスト3すべてが博士学位論文という結果となりました。
 
そして最後、「最も検索されたキーワード」ベスト3はこちらです!
1位:加藤
2位:伊藤
3位:鈴木
検索ワードトップ3は、すべて名字でした。ちなみに、4位以下も名字やイニシャルが続いています。
なお、これらのキーワードで実際に検索(デフォルトの全文検索)してみると、検索結果は「加藤」で1161件、「伊藤」で538件、「鈴木」で453件ヒットしました。
(余談ですが、日本人の名字ランキングでは、加藤さんは10位、伊藤さんは5位、鈴木さんは2位らしいですよ)
以上、リポジトリのランキングでした。
 
名古屋工業大学学術機関リポジトリ
【リンクURL:https://nitech.repo.nii.ac.jp/

f:id:nitlib:20200624131338j:plain


📖📕📚 📖📕📚 📖📕📚 📖📕📚 📖📕📚
自粛生活小噺
自粛期間中、ちょっと押入れを整理していたら、文庫本をハードカバーに改装するための材料が出てきました。
数年前にプライベートで参加した手製本ワークショップの残りですが、1冊分の材料があるので、この夏はまた手製本に挑戦するのもいいかなと思いました。
ちなみに、図書館にも手製本に関する本があるので、紹介しますね。
美篶堂著
東京 : 河出書房新社, 2016.4
請求記号:022.8||Mi 55 資料ID:1334736