名古屋工業大学図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

青の世界を巡ろう

今回は、現在図書館で行っている展示をお勧めしたいと思います。
その前に少しばかり、展示に絡めた私の思い出にお付き合いください。

==
「問題に向き合った」経験、皆さん一つ以上はお持ちなのではないでしょうか。
学校で受けたテストもそうですね。小学校の教室机の脇にぶら下げていた?算数ドリルあたりが始まりかもしれません。
ページをクリアする度にやってくるちょっとした爽快感を記憶に留めている方もおられるでしょう。

歳を重ねるごとに、向き合う問いはページを繰るようなタイミングで答えを得られるものではなくなってきます。
解法を編み出せずに頭を抱えるとき、眼前にある問題は、さながら決して割ることのできない岩盤のようです。

ところが、何故かこんな巨石にも掘削者はいるのです。私の大学図書館就職一年目の上司はまさにそんな存在で、レファレンス(情報探索に関する相談)をクールに捌き、発見困難な海外文献も彼の眼には映り、更に自身の研究活動も進めて論文を出し続けている、すごいとしか表現できない人でした。

ある日の宴会の席で、そのすごさの秘訣は何ですかと尋ねたところ、
「自分なりにもがいて、またもがく。その時は、ちょうど山の隅っこをちょっと掘る感じです。あちこち掘り続けるうちに掘ったところが一周してつながって、いつの間にぐるぐる回りながら、全体を俯瞰できるようになりますよ」
という返事が返ってきたのでした。
==

あの日から長い歳月が流れてもなお、もがいても掘ってもこれという答えに到達できず、すっきりしない日を過ごすこともあります。
そんな私だからなのか、今とても心を惹き寄せられているのが、今年1月に始めた館内展示「ブルーバックス」なのです。
テーブル上の大きな円柱の側面に引かれた、年の流れを表すゆるやかなカーブ線。その線に沿って、青い表紙でお馴染みの講談社ブルーバックスシリーズの表紙が配置されています。
自然科学分野の読み物と思いきや、『「分かりやすい説明」の技術』といった社会生活に密接したトピックのタイトルもあります。
円柱を右に左に眺めていると、あらゆる科学的な思考の素は時間軸の中で蓄積されて手元にあるということの気づきや、また「山を掘る」とはこうした思考を地道に身に着けることかもしれないといった思いなどが広がります。

皆さんはどのような気付きをされるでしょうか。図書館に来られたらぜひ、青の世界をぐるりと巡ってみてくださいね。

#
ブルーバックスシリーズは、まだほんの少しですが電子ブックで読めるタイトルもあります。名工大の学生さんは、下記のMaruzen eBook Libraryからご利用ください。

学内の資料を使う | 名古屋工業大学図書館

                f:id:nitlib:20210208103620j:plain

 

ブルーバックス展示(図書館1階新着図書紹介コーナー横)

ブルーバックス

学生選書ツアー

f:id:nitlib:20210212090613j:plain

例年書店に出向いて実施している「学生選書ツアー」ですが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、初のWebでの開催となりました。
2020年11月11日~23日の期間に実施し、参加者6名が計82冊の本を選んでくれました。(学部1年生3名、学部2年生1名、学部3年生2名)

 選書した図書は、参加者やSA(スチューデント・アシスタント)による推薦コメントと共に図書館1階カウンター前に展示しています。
貸出もできますので、ぜひご利用ください。

 

 Web選書ツアー参加者の感想をご紹介します。
------------------------
私は、今回初めて選書ツアーに参加しました。例年の選書ツアーは、店舗に行き本を選びますが、今回はコロナウィルスの関係もあり、オンラインでの開催となりました。
オンラインでの開催となったことで、例年の選書ツアーには参加したくても時間の都合で参加できなかった人もより参加しやすくなったと思います。
専門書は高額なものも多く、自分で買うには読みたくても手が出せないものも多くあると思います。
しかし、選書ツアーでは、予算が十分に確保されており、自分が読みたかった本は、ほとんど金額に迷うことなく選ぶことができます。
心置きなく自分が興味をもった本を選ぶことができるのは、貴重な体験であると思います。
選書した本は、人によって偏りがある分、個性が現れています。そして、自分で選書した本が他の人にも興味をもってもらえることは嬉しいと思います。
選書をする中で、読みたい本が見つかることも多くあり、興味も広がる機会になると思います。
------------------------

📚📚 展示紹介本ピックアップ 📚📚

まったくゼロからの論理学 / 野矢茂樹著

トリノトリビア : 鳥類学者がこっそり教える野鳥のひみつ / 川上和人 [ほか] 著

無銭経済宣言 : お金を使わずに生きる方法 / マーク・ボイル著 ; 吉田奈緒子訳

学術書を読む / 鈴木哲也著

みんなの量子コンピュータ : 量子コンピューティングを構成する基礎理論のエッセンス / Chris Bernhardt著 ; 湊雄一郎, 中田真秀監修・翻訳

予備校のノリで学ぶ大学数学 : ツマるポイントを徹底解説 / ヨビノリたくみ著

Python1年生 : 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみ / 森巧尚著

数学パズル大図鑑 / 小谷善行監修

続・英単語の語源図鑑 : 見るだけで語彙が増える / 清水建二, すずきひろし著 ; 本間昭文イラスト

思考する言語 : 「ことばの意味」から人間性に迫る / スティーブン・ピンカー著 ; 幾島幸子, 桜内篤子訳

思わず興奮するこういう数学のはなしなら面白い / 池田洋介著

f:id:nitlib:20210212094912p:plain



 

世界三大美書

世の中には、「世界三大○○」と呼ばれるものが数多くあります。
有名どころとしては、「世界三大美人」「世界三大珍味」などでしょうか。
そして、この「世界三大○○」は、本の世界にも存在しています。
それが、「世界三大美書」と呼ばれる3つの本であり、その内訳は以下の通りです。

『チョーサー著作集』(ケルムスコット・プレス))
『欽定英訳聖書』(ダブス・プレス)
『ダンテ著作集』(アシェンデン・プレス)

これらはすべて、19世紀末から20世紀初頭にイギリスで生み出された本です。
当時のイギリスでは、理想の書物を自ら生み出そうとするプライヴェート・プレス運動が盛んとなっており、これらの本はそんな時代に生まれた最高峰の本と位置付けられています。

数年前、横浜で開催される図書館総合展という催しで、これら3点の本が一堂に会して展示されるという機会がありました。
私もその際に実物を拝見したのですが、3点とも目が離せなくなるようなオーラを放っていて、生まれて初めて”本”というものに圧倒されました。
(一緒に置いてあった一千万円越えの値札に圧倒されたという部分も否めませんが……)

ケルムスコット・プレスの『チョーサー著作集』は、日本の大学とも深いつながりがあります。
関東大震災で東京大学の図書館が崩壊した際、イギリスから復興支援として贈られた本の代表が、この『チョーサー著作集』だったそうです。

こういった、”本”に関する面白い話が書かれた本が図書館にもありますので、ぜひ手に取ってみてください。

美しい書物の話 : 中世の彩飾写本からウィリアム・モリスまで
アラン・G・トマス著 ; 小野悦子訳 晶文社 1997.5
請求記号:020.23||Th 5 資料ID:1287902

 

ちなみに、世界三大図書館は「アメリカ議会図書館」「フランス国立図書館」「大英図書館」だそうです。
日本の国立国会図書館は含まれないようで、少し残念です。

アメリカ議会図書館

                                     アメリカ議会図書館

-ほんだな-を透して見た風景

f:id:nitlib:20210204133251p:plain棚』-ほんだな-は、十数年前の卒業生の作品です。南館1階の新着図書紹介コーナーにあります。

本を森のように三つ重ねて本棚とした斬新なタイトル。私にとって、普通の書架とは違った特別な存在感を持っていました。一年を通して、幹であり枝である本棚を、葉っぱである図書が彩り、四季折々の表情をみせてくれているかのようでした。この書架の前に立つと、すうっと心が落ち着き、目を閉じると、森の風景が浮かんできます。

日本の国土の約7割は森林。世界を見渡すと森林の減少は加速していますが、日本の森林面積は約40年間ほぼ変わらないそうです。森を守り再生していくと言った取り組みにより、過去のものが現在に生き、未来にわたり常に若く瑞々しい姿を保ち続けています。まわりが変化しても、変わらない何かを守る。これは、1300年にもわたり、ずっと繰り返されてきた式年遷宮の永遠の森の思想です。最近では、世界中で、自然や生命が循環するように、グリーン・リカバリー(緑の回復)と呼ばれる経済復興策も広がりを見せているようですね。

コロナ禍により、人と人との交わり(循環)が減り、新たな出会いも減っている状況を、森林が減少していく姿に重ねてしまいます。そんな中で、豊かな森を連想させた『f:id:nitlib:20210204133251p:plain棚』-ほんだな-は、ほっと木の温もりを感じさせるような、安らぎを与えてくれました。皆さんは、館内にお気に入りの場所がありますか?

図書館がそんな居心地のよい空間であるといいな。

f:id:nitlib:20210204135852p:plain f:id:nitlib<img src=





 

学外文献依頼(ILL)サービス

図書館に所蔵がない学術文献を読みたい場合に、他の図書館に依頼して、郵送してもらうサービスがあります。名工大に所属している人は、名工大図書館に申し込めば、誰でも受けられる図書館サービスです。ちなみに、大学を卒業した後は、最寄りの公共図書館に申し込めば、他の図書館の文献を取り寄せてもらえます。(各図書館のサービスに関するルールは要確認です)

このサービスを一般にILLサービスと呼びます。ILLはInter-LibraryLoanの略で、図書館間相互貸借の意味です。名工大では「学外文献依頼」という名称でサービスをしています。図書は郵送で貸し借りを行い、論文は1論文をコピーして郵送します。著作権との兼ね合いで、様々なルールが設けられていますが、学術文献の入手方法としては、大変便利なサービスです。学内で契約している電子ジャーナルやオープンアクセスのジャーナルなどを使えば、パソコンの前に居ながらにして、多くの論文を入手できるようになった今も、学術研究を陰ながら支えているサービスといえるでしょう。

名工大の図書館でも、学内の学生や先生方から、日々申し込みがあり、日本中あちらこちらの図書館へ、「図書を借りたいです」、「論文のコピーが欲しいです」といった依頼をしています。学外文献依頼の業務をしていると、「OPACに入れても該当する文献が出てこないけど、この分野の会議録は〇〇大学図書館が持っているに違いない!」など、ビビッとひらめくこともあり、先方から「該当文献がありましたので、お送りします」などの返事があると、やったー!とうれしくなったりもします。

そして、他の図書館からの「図書を借りたいです」、「論文のコピーが欲しいです」も受け付けています。最近、図書館アルバイトの院生さんに、学外から複写依頼がきた論文を館内で探してもらい、コピーを取る作業をお願いしています。依頼の論文データは、文献データベースや参考文献リストから引いた、書誌情報としてやってきます。それを実際に館内の棚に行き、雑誌名、刊行年、巻数、号数、ページ数を頼りに該当する論文を探し出します。その作業がどうも楽しいらしいのです。本当にその論文があったー!という達成感があるんですね。

今日も、どこかの図書館から文献が届き、どこかの図書館へ文献が送られていきます。
どうぞ気軽にこのサービスを利用してみてください。

 

詳しくはこちら☟から!

学内の方:図書館を利用する|名古屋工業大学図書館 (nitech.ac.jp)

             本を運ぶ博士のイラスト

 

春を告げる鳥 メジロ

かわいい仕草と愛らしい姿のメジロが庭の梅の木にきているのを見つけました。

メジロは目の周りに白い輪があり、オリーブ色の緑がかったスズメよりも小さな

可愛い野鳥です。

 

調べてみると、「食性は雑食だが、花の蜜や果汁を好み、育雛期には虫なども捕食する。花の蜜を大変好むため花期に合わせて行動し、春には好物の花の蜜を求めて南から北へと移動するものもいる。特に早春はツバキや梅の花に群がる様子がよく観察され、「チー、チー」という地鳴きで鳴き交わす様子がよく観察される。花の蜜を好むことから「はなすい」、「はなつゆ」などの地方名があり、ソメイヨシノが開花すると、ヒヨドリや雀と共に花に群がってくる。」という特徴をもつそうです。

 

まだ暦の上では大寒、厳しい寒さが続きます。メジロを見つけ、

梅の木に近づいてみてみると、小さなつぼみの新芽が顔をのぞかせていました。

餌の少ないこの時期に柔らかな新芽を見つけたのでしょうか。

春のおとずれを見つけて、なんだか暖かな気持ちになりました。

 

初春、新しい1年の始まりですね。

今年はどんな1年になるのでしょうか。

みなさんにとって成長できるような1年になるとよいですね。

目標を持つことが大切だと思います。

有意義な1年になりますように。

                                               f:id:nitlib:20210119135232j:plain

かわいい鳥がもっと見たい人はこちらをどうぞ🌸

散歩で楽しむ野鳥の本

庭で楽しむ野鳥の本 : 原寸大

番外編🌸

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

大都会を生きる野鳥たち : 都市鳥 (アーバン バーズ) が語るヒト・街・緑・水

にっぽんのカラス : スーパービジュアル版

SAによる展示「コロナ禍の中で読んだ本」

 春先からの新型コロナウイルス感染症の影響で家にいる時間が長くなり、読書に力を入れた人もいるのではないかと思います。
 私はこの機会にお金のことを勉強してみようと思い、図書館で『今さら聞けないお金の超基本』(図書ID:6011186)を借りて読んでみました。
給与明細と見比べながら読んだりして、今までさらっとしか見ていなかった給与明細の各項目の意味を、改めて確認できました。
年末調整のために書いた書類にも、見たことがある用語だ!と意味を理解して記入することができました。この本を読んでおいたおかげです。

 今回、図書館で働く学生スタッフであるSA(スチューデント・アシスタント)の皆さんに、テーマを「コロナ禍の中で読んだ本」として、図書を紹介してもらいました。
新型コロナウイルス感染症のせいで家にいたときに読んだ本のうち、他のみんなにも読んでほしい本を、コメント付きで展示しています。
「できたら小説以外を…」とリクエストしたところ、バラエティに富んだラインナップになりました。

 残念なことに、コロナ禍は、まだ続きそうです。
移動したり、人と会って行う活動が難しい今、本を読んで頭や心を肥やしてみてはいかがでしょうか。

f:id:nitlib:20210112110156j:plain

 📚📚 紹介本 📚📚

ベーシック圏論 : 普遍性からの速習コース / T.レンスター著 ; 土岡俊介訳

コンピュータの名著・古典100冊 : 若きエンジニア「必読」のブックガイド / 石田晴久編・著 ; 青山幹雄 [ほか] 共著

すごいHaskellたのしく学ぼう! / Miran Lipovaa著 ; 田中英行, 村主崇行共訳

創造性はどこからくるか : 潜在処理、外的資源、身体性から考える / 阿部慶賀著

スペースキーで見た目を整えるのはやめなさい : 8割の社会人が見落とす資料作成のキホン / 四禮静子著

倫理とは何か : 猫のアインジヒトの挑戦 / 永井均著

英単語使い分けグラデーションマップ / 平見尚隆著

すごい宇宙講義 / 多田将著

卓球王水谷隼終わりなき戦略 : 勝つための根拠と負ける理由 / 水谷隼著

メカ屋のための脳科学入門 : 脳をリバースエンジニアリングする / 高橋宏知著

論文・レポートの基本 : この1冊できちんと書ける! / 石黒圭著

「ご冗談でしょう、ファインマンさん」 : ノーベル賞物理学者の自伝 / リチャード・P.ファインマン著 ; 大貫昌子訳

英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現 : 「科学技術」「環境問題」「医療問題」などさまざまな分野を英語で発信する / 植田一三, 上田敏子著

神との対話 / ニール・ドナルド・ウォルシュ著 ; 吉田利子訳