名古屋工業大学図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

学生の「おすすめ図書」

齋藤憲司  石垣琢麿  高野明著 有斐閣 2020.4 
Maruzen ebook lirbary 
電子ブックで読むことができます(閲覧には学内ネットワーク環境への接続が必要です)
    

生きていく上では、不安や焦りから来る「ストレス」とうまく付き合っていく必要があります。この本は新生活や学業、課外活動に始まり、友人・親・異性との対人関係、そして将来に向けて、あなたがどのようにストレスと付き合って成長していくかを考えさせてくれます。 些細なことでも構いません。不安があったらぜひ手に取ってみてください。電子ブックなので、図書館HPから(VPNで)どこからでもアクセスすることができますよ。


(社会工学系プログラム)

 

 
====================

 >>電子ブックって何? どうやって読むの?と思った方は、こちらの記事をどうぞ!

        利用上の注意は下記参照してください

学生の「おすすめ図書」

あがらない話し方教室:練習15分

新田祥子著 日本能率協会マネジメントセンター 2008.3

図書ID:6008596    ブラウジングコーナー 就職本

人前で話すときに、緊張が過ぎて平常心を失ってしまういわゆる「あがり」を克服する方法が書かれている本です。 発表など本番で緊張や不安に襲われてしまい、うまくいかなかった経験を持つ人は少なくないと思います。この本ではあがるメカニズムが丁寧に解説されており、あがらないで話すことが出来るようになるトレーニングやセルフマネジメントの方法が紹介されています。人前で話す事が苦手と思っている方へお勧めしたいです。

 

                              (社会工学系プログラム)         

学生の「おすすめ図書」

コーヒーが冷めないうちに 

川口俊和著 サンマーク出版 2015.12

図書ID:1334537 請求記号:913.6||Ka92

とある喫茶店では、「望んだ過去にタイムスリップできる座席」があるという噂があり、その噂を聞きつけた客が次々とやってきます。しかし、その時間旅行にはコーヒーが提供されてから冷めるまでなどいくつかの面倒なルールが存在しますが、それでも過去に戻りたい客ごとに物語が展開されていきます。「恋人」、「夫婦」、「姉妹」、「親子」といったテーマで、人間関係を考えさせられる一冊となっています。

 

                    (生命・応用科学系プログラム)         

 

雑学って・・・

 

雑学って学問?

ふとこんな疑問が湧きました。

・時計の針はなぜ右回り?

・大学ノートの「大学」ってどこの大学?

・「安全第一」に続く第二、第三は何?

・トウモロコシの粒の数は必ず偶数

・PCマウスの移動距離、単位は「ミッキー」

  【因みに1ミッキーは1/100インチ(約0.25mm)】

・ホームベースの形が五角形なのは誰都合?

・缶切りが発明されたのは缶詰が販売されてから48年後

・訓読みの「訓」は音読み、訓読みは「おしえ(る)」

・ビールビンの王冠のギザギザの数はなぜ21個?

どれも、ネットなどで調べればわかるようなものばかりですが、

言われてみれば何故?なるほど・・・ ですね。

 

---広辞苑では---

雑学は「雑多な物事・方面にわたる、系統立っていない学問・知識」とあります。

もうすぐ夏休み、この機会に大学で教えてもらえないような学問?・知識に触れてみてはいかがでしょう?

 

 

**************************

頭にやさしい雑学読本

竹内均編 三笠書房 2002.11

請求記号 : 031.8||A 94    図書ID : 1286676

 

 

学生の「おすすめ図書」

メモの魔力= The magic of memos 

前田裕二著 幻冬舎 2018.12

図書ID:6010511 請求記号:002.7||Ma26

今までメモの取り方について、深く考えることもなく、単に記録するものと考えていましたが、この本を読んでその考えを大きく変えることになりました。「メモ」は単にアイデアを創出するだけではなく、自分の夢をかなえるための強力な武器ともなりえると筆者は述べています。自分が大学一年生のうちに読みたかったと思うおすすめの一冊です!「記録するメモ」から脱却して、次への行動につながる「知的生産するメモ」にしましょう!

 

                    (生命・応用科学系プログラム)         

 

 

図書館でアート

今年の春頃から、図書館の入館ゲートを入るときに、??と小さな違和感を覚えていた方。そうです、カウンター前の頭上のアレ。わたしたち職員の目にはすっかり馴染んで、ずっと前からこうだったような気がしていますが。図書館にアートがやってきました。

「心で工学」を掲げる名工大。2022年4月からARTFUL CAMPASの取り組みがスタートし、キャンパス内のあちこちに愛知県立芸術大学の方によるアート作品が。図書館でも2月頃から、作業着姿の芸大生さんが、脚立に上がって制作を進めてくださいました。

制作の様子は公式Twitterで見られます。(2022年3月3日に制作動画あり。真っ白だった天井の画像もあります。)

  • ARTFUL CAMPAS特設ウェブサイト

 ARTFUL CAMPUS

  • 公式Twitter  

【公式】名古屋工業大学 ARTFUL CAMPUS (@nitech_artful) | Twitter

 

図書館となりのNITech Hallには、なんと犬が!?気になる方は、2Fリンクスへ行ってみてください。

※しばらく休止していたリンクスですが、使えるようになりました。詳細はこちら

ラーニング・コモンズの学習スペースとしての利用を再開します - 名古屋工業大学図書館報「@Library」 (hateblo.jp)

 

何もなかった場所に突如現れたアートたち。公式サイトを見る限り、まだ見てないアートがあるらしい。いつもは通らない建物へも行ってみようかと思います。

 

 

学生の「おすすめ図書」

阿部智里著 文藝春秋 2014.6
請求記号:913.6||A12 図書ID:6013179
 

2012年に史上最年少で松本清張賞を受賞し、その大きなスケール感と転変する世界観がとても魅力的な作品です。 豪華絢爛な平安時代のような世界で、后の座をかけた4人の姫の機微を、とても上手に表現している作品であり、読み終わるころには一驚を喫することでしょう。 また、2018年には漫画版の連載がスタートし、昨年9月にはシリーズ第2部がスタートしたため再注目されています! この機会にぜひ読んでみてください。


(生命・応用科学系プログラム)