読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

ドミトリーともきんす

イベント

f:id:nitlib:20141006170521j:plain

高野文子という漫画家をご存知でしょうか?
寡作ですが、独特の作風をもち評価の高い漫画家です。
つい最近、12年ぶりの新作「ドミトリーともきんす」
が発表されましたが、このテーマが「科学者たちの言葉」でした。

この漫画を説明することは難しいのですが、
科学者たちの日記、随筆、講義録、啓蒙書から読み取った文章の魅力を、
「ともきんす」という学生寮を舞台にした不思議な物語で表現するという
特異な漫画です。

テーマとなった科学者たちの著作で、朝永振一郎「滞独日記」は
私自身も、以前に読んで非常に印象に残っている1冊でした。
「ドミトリーともきんす」のあとがきで、高野文子は
これまでの読書体験とは違う、科学者たちの文章を
「乾いた涼しい風が吹いてくる」と表現しています。
描く対象に対する誠実さというべきものが
このような印象を生むのではないかと私は思いました。

(ともきんす風に)さて、ここは名古屋工業大学附属図書館です。
私たちは、図書館で働く図書館員です。
今回は、カウンター前特設コーナーへ
「ドミトリーともきんす」関連図書を集めてみました。
是非、科学者たちの言葉にふれてみてください。