読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

教職員のおすすめ図書

 水谷 章夫先生 (産業戦略工学専攻/教授)

 建築へ向かう旅ー積み上げる文化と組み立てる文化
 若山滋 著 冬樹社 1981.9
 請求記号:520.4||W 28  図書ID:1163071

 「窓」の思想史ー日本とヨーロッパの建築表象論
 浜本孝志 著 筑摩選書 2011.10
 請求記号:520.2||H 24  図書ID:131475

"建築へ向かう旅"の著者若山滋氏は、本学の名誉教授であり、
現職中は文化不毛の地である名古屋において、建築と文化の情報発信を
多方面において精力的に行い、本学の名声を上げるのに多大なる貢献をした
研究者・建築家です(大学正門の設計者)。
この書籍はデビュー作で、以後数多くの著書が出版されました。

 "窓の思想史"の方は、本のテーマに興味がわきました。
工学者、建築家の文章は概して小難しくて読みにくいのですが、
この本はわかり易く、建築文化の入門書として、
また一般教養書として一読を勧めます。

この2冊の内容は、いずれも日本と主にヨーロッパの建物の違いを、
前者は風土と文化から考察し、後者は窓の発展から論を構築しています。
両者に共通した視座は、日本の建築は水平に、
ヨーロッパの建築は垂直に延びていることです。