名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

東京オリンピック!

2020年のオリンピック開催地が東京に決定しました。
これからさまざまな分野で、
世界から東京へと関心が寄せられそうです。
その中でも、今注目が集まっているのが
2018年に完成予定のメインスタジアム、新国立競技場です。
公開されている完成予想図を見たところ、
まるで宇宙船のような近未来的なデザイン!
どんな人が考えたんだろう?と興味がわき、調べてみると
設計は女性で初めてプリツカー賞を受賞した建築家、ザハ・ハディド氏。
プリツカー賞は建築界のノーベル賞とも例えられるほどの権威ある賞で、
毎年1人の建築家が表彰されています。
ザハ・ハディド氏は今まで、イタリアの国立21世紀美術館や
ロンドンオリンピックの会場となったアクアティクスセンター、
スコットランドのリバーサイド博物館などを設計したことで知られています。
------------------
今回の@libraryコーナー企画は“東京五輪”
オリンピックや東京、ザハ・ハディド氏に関する図書・DVDを1Fカウンター前、
特設コーナーに集めています。
また、図書館ではほかにもプリツカー賞を受賞した建築家にまつわる図書を
多数所蔵しています。
日本人受賞者を中心にその一部もあわせて紹介しています。

図書館へ来たらまずは1Fカウンター前、特設コーナーへ!
ぜひ、のぞいてみてくださいね。