名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

次に旅する誰かのために


図書館3Fの国際交流コーナー、使っていますか?
国際交流コーナーは、留学生や留学したい学生に役立つ資料をメインに置いています。
また、国際企画室からのお知らせも掲示しています。
「地球の歩き方」が置いてある部屋 といったほうがなじみがあるかもしれませんね。
「地球の歩き方」は頻繁に貸し出されていて、長期のお休み後には、ページの角が丸くなっていたり、
外国の美術館のチケットがはさんだままで返却されたりします。
この本を借りた人は、どこに行ったのか、どこが素敵だったか、オススめの場所とかないかな…
と思いをはせて(自分じゃ行けないから)、去年の夏ごろ ”次に旅するだれかのために”という
記入用紙と回収BOXを置いてみました。
あまり大々的に宣伝もしていませんし、なかなか書いてくれる人がいなかったのですが、今シーズン、
書いてBOXへ入れてくれた方が!
先に書いてくれた方は、ベトナム〜カンボジア〜タイと旅されたとのこと。うれしくて棚に貼り出していたら、
似たようなルートをたどった方が、もう1人書いてくれましたので、お2人分ご紹介します。

●ベトナム〜カンボジア〜タイ
ベトナムの交通事情はカルチャーショックだった。平気で信号無視するし、バイクに5人乗りしてるし…
カンボジアはアンコールワットもいいけど、郊外にあるベン・メリアがすごく良かった。
都市間の移動は全てバス、宿はドミトリー(共同部屋)、食事はローカルな屋台で済ませれば、
思いのほか安く旅することができます!

---

●シンガポール〜マレーシア〜タイ
2週間、一人旅して来ました。マレーシアのビーチでシュノーケリングをしたり、アユタヤ遺跡を観光したりと
充実した日々を過ごしていました。国境移動はバスと鉄道で行い、食事はほとんど屋台で済ませ、
宿は一泊1000円以内のゲストハウスに泊まった為、往復の飛行機代を含めても旅費は7〜8万円ほどでした。
ゲストハウスでは多くの外国人と仲良くなりました。

---

極力、個人情報をもらわないようにしていますので、学科や学年がわかりませんが、
きっとこのお2人、話が合うでしょうね〜。
このような方々に交流が生まれればいいなぁと思いつつ、方法がちょっとアナログすぎるでしょうか。
手書きも捨てがたいような…