名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

メナード美術館に行ってきました。

小牧市にあるメナード美術館行って来ました。

「開館30周年記念コレクション名作展 メナード美術館30のテーマ Ⅱ期
テーマ16~30」で、葛飾応為の「夜桜美人図」をみるためです。
応為は、葛飾北斎の娘で、このところ、複数のテレビ番組で
とりあげられたりして、注目されています。
「夜桜美人図」は、メナード美術館のコレクションですが、
常に展示しているわけではないようなので、この機会に観てくださいと
言いたいところですが、残念ながら、「夜桜美人図」の展示は、
前期平成30年2月4日までで終了しました。

他にも見どころはあるかと思いますが、高村光太郎の重要な木彫作品「栄螺」は、
残りの会期中も展示されています。
この作品は、1930年から2003年に発見されるまで、行方不明になって
いたんですね。

本学所蔵の図書「高村光太郎造型」
高村光太郎造型 | 名古屋工業大学附属図書館蔵書検索(名工大OPAC)
p.220-221では、高村光太郎著「回想録」で「栄螺」について触れた箇所を
引用しています。
1973年に発行された「高村光太郎造型」では、著者は、
「この木彫は、いまどこにあるのだろうか。」と記しています。

発見された際には、新聞でも報道されました。
学内の方は、「栄螺」発見の新聞記事をELNETでご覧いただけます。
学内から、図書館webサイト→学内の資料を使う→ELNET にアクセスし、
「高村光太郎 栄螺」で検索してください。

行ってみよう!と思われた方は、美術館のウェッブサイト
メナード美術館-公式ホームページ - MENARD ART MUSEUM
で、開館日・時間等ご確認ください。
名古屋駅から高速バスで行くと、帰りの名古屋方面のバス停が
ちょっと分かりにくいです。
来る時に降りたバス停の道を挟んだ反対側ではないので、要注意です。
美術館サイトの「アクセス」を見てください。