名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

吉田博木版画展

名古屋ボストン美術館で開催中の「吉田博木版画展」に行ってきました。
以前、NHKの日曜美術館で、吉田博を取り上げていて、
(1月29日に再放送します。)
ぜひ、観たいと思っていました。

実物の版画を観てみると海面の光の反射がリアルに表現されていて、
波に反射した光が、画面の奥から白く輝いて、流れ出てくるようです。
近くで観ると、版木を丸刀?で、
カッカッカッと荒く削っただけのようなのに。
前を歩いていた大学生?の女子2人が、
「ちょっと、離れてみると、すっごくきれい!!」
本当にそうです!!

展覧会のポスターを見て、
「ボストン美術館にしては、作品がちょっと地味?」という人がいましたが、
いやいや、そんなことありません。
じっと、版画を観ていると、波がゆらゆら、きらきらして、
本物の海をぼーっと眺めているような、心持ちがします。

本学は、名古屋ボストン美術館の学校法人賛助会に入会していますので、
名工大の学生の方は、無料で観覧できます。
学生のみなさんは、そろそろ後期の試験期間になるかと思いますが、
試験が終わったら、なにしようかなと考え中の方へ
「吉田博木版画展」をおすすめします。
試験勉強で疲れた、頭がほぐされそうです。
おでかけの際には、学生証を忘れずに。
2月26日(日)までの開催です。