名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

本がない!

図書を名工大OPACで検索して探すときに、
検索結果で示された場所にちゃんと本があるでしょうか?

OPACで示された請求記号の棚に行っても本がない!というときは、
次のことが考えられます。
・新着図書コーナーにある(借りられます)
・展示で使われている(借りられます)
・返却処理された図書がまだ棚に戻っていない
・返本台にあったり、誰かが使っている
・「貸出中」である(貸出中の場合は予約が可能)
・所在が「図書館(図書開架)」以外である(「図書館(図書閉架)」「研究室」の場合は、カウンターに申し込んでください)

これら以外にも、図書が正しい場所に並んでいないということがあり得ます。
先日、517.1の図書が517.7の棚にあった、ということがありました。
図書を棚に並べるときに、見間違ってしまったようです。

もしOPACで示された場所に本がない場合には、
これまでの経験(蓄積された見間違い事例など)を生かして探しますので、
遠慮なくカウンターの職員に申し出てください。