名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

青春18きっぷ

f:id:nitlib:20161019125548p:plain

秋もだいぶ過ぎましたが、秋は行楽シーズンでもありますね。
ご存知の方も多いかと思いますが、
青春18きっぷのお話に少しお付き合いください。

青春18きっぷは JR各社の普通・快速・新快速など、
乗車券のみで乗れる列車等(船など特別な場合あり)に
ある期間内、乗り降り自由な切符です。
お恥ずかしい話、私は何年か前まで
18歳までしか使えないものと勘違いしてました。

ネーミングの“青春18”は、企画当時の旅客局長だった須田さんが、
『青少年・学生をイメージした「青春」と、その象徴的な年齢で
「末広がりの8」にも通じる「18」を組み合わせた』(Wikipediaより)
とか。
だから発売・利用期間は学生の春休み・夏休み・冬休みの期間に
合わせているんだ、と納得。

一枚の切符で5回分の回数券方式なので、
自分だけで使うのもいいですが、私は5人で日帰り旅行を楽しんでいます。
新幹線や特急では通り過ぎてしまう、いつもは立ち寄らない駅に、
ふらり途中下車したり、
運賃を安くして、宿泊やレジャー、お土産を(多少)リッチに、
というのもいいですね。

私の周りの愛好家達は、
“日帰りでいかに遠くまで行けるか”に工夫を凝らしています。
ちなみに、友人のある強者は、愛知から九州の温泉へ日帰りをしたそうです。
(滞在時間2時間!でも、とてつもない達成感を味わったそうですよ)

近々の発売は今冬。
でも、寒いのが苦手な方は、
暖かい時季まで待った方がいいかもしれませんね。
発売期間は年によって若干違うので、初挑戦の方は特に、
きっぷの詳しい内容もあわせてJRのHPを確認されることをおすすめします。