名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

選書ツアー

7月8日(金)に丸善ジュンク堂ロフト名古屋店にて、
学生選書ツアーを開催しました。
選書ツアーとは、学生が図書館に置いて欲しい本を
書店で選ぶことができるイベントです。
今回、参加者4名が計78冊の本を選んでくれました。

選書した図書は、図書館1階に展示しています。
貸出もできますので、ぜひご利用ください。

f:id:nitlib:20160930132019j:plain


選書ツアー参加者の感想をご紹介します。

今回、選書ツアーというものに初めて参加しました。
自分の選んだ本が図書館に並ぶというのは嬉しくもあり、
どこか気恥ずかしさも感じます。
以前から読みたいと思っていた本、
勉強の際に役立ちそうな本、今話題の本など、
個人的な趣味に偏り過ぎないように選んでみたつもりです。
書店の中を歩き回って本を探し、検討するのはなかなか大変でしたが、
終わってみると心地よい疲れと充足感を得ることができました。
到着時には十分長いと思っていた選書時間もあっという間に過ぎ、
もっと時間が欲しいほどでした。
貴重な経験をすることができ、本好きにはたまらない時間となりました。

選書ツアーに参加するのは今回で3回目です。
私は事前にネットなどで気になった本をサーチしておき、
選書ツアーで買うようにしています。
一般的に専門書は割高なので、それを気軽に買ってもらえるのは
学生の私としてはとてもありがたいです。
場所は大型書店を回るので、欲しいと思った本は大抵置いてあります。
むしろ予想を上回るほどの本があるので、
「こんな本があったのか」などと新しい本との出会いを
楽しむことができます。
専門分野の本ももちろんですが、
専門から少し外れている本も見ることができるので知識欲が満たされました。
本には店員のポップが書かれていたり、
流行に合わせた関連本が積まれていたりと
店内を見て回るだけでも面白いです。
本好きはもちろんのこと、そうでない人も満足できるのではないでしょうか。
また、機会があったら参加したいと思います。

選書ツアーは、学生の皆さんが自分で図書館に置く本を選ぶことができる
貴重な機会です。
興味を持ってくださった方、ぜひ次回の選書ツアーにご参加ください。