名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

電子ジャーナルのご紹介

新学期がスタートし、キャンパスも賑やかになりました。
図書館も1階・2階は賑やかですが、
3階・4階はひっそりと静寂な空間になっています。
その3階・4階にズラッと並ぶ、分厚くて黒っぽい製本雑誌。
学部生の方はまだ手に取ったこともないかもしれませんが、
実は皆さんが今後研究を進め、論文を書く上で
必要不可欠なものになってきます。
とはいえ、学術雑誌は電子版が主流になっていますので、
今は紙の雑誌よりも 電子ジャーナルを多く購入しています。
電子ジャーナルは名工大のキャンパス内で利用できることはもちろん、
学外からも認証を経て利用することが可能です。

電子ジャーナルの利用方法はさまざまですが、おおまかには
以下のような方法があります。

 

1.図書館ウェブサイトのOPACや「電子ジャーナル電子ブックリスト」
  から雑誌等で検索し閲覧する

  f:id:nitlib:20160411141621p:plain

  ※OPACから「Findit@nitech」を押すと「電子ジャーナル電子ブックリスト」
   へ飛びます。

  f:id:nitlib:20160411142520p:plain

2.Google ScholarやCiNiiなどで論文を検索し、リンクをたどって
  ジャーナルのウェブサイトを閲覧する

3.出版社等のウェブサイトを直接閲覧する

 

1の方法では名工大で利用できる雑誌の範囲が明示されますが、
2と3の方法ではそれが分かりませんので、読みたい雑誌が見られない場合には、1の方法で所蔵を確認していただく必要があります。
また、近年はオープンアクセスの論文も増えています。
アクセス可能な論文には開錠マークがついていてわかりやすくなっています。

名工大では以下のようなベンダーの多くの電子ジャーナルを購読しています。

AIP, ACS, APS, ASME, Nature, RSC, Springer, Science, Wiley
情報処理学会、電気学会、電子情報通信学会、日本化学会、日本物理学会

名工大で所蔵していない雑誌は、他機関から複写を取り寄せることもできます。

また、JDreamIII, JIS規格, SciFinderといった有用なデータベースも
ご利用いただけますので、どうぞ今後の研究にお役立てください。