読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

ブラウジング雑誌アンケートを実施します!

f:id:nitlib:20150619115052j:plain

図書館の人気スポット、ブラウジングコーナー。
昼寝をする人、新聞や雑誌を読む人、スマホを触る人・・・など
自由に利用されています。
ブラウジングコーナーに置いてある雑誌には
どんなものがあるか知っていますか?

 現在あるのは、
AERA、Axis、Courrier Japon、The English jounal、Men's non・no、
CD&DLでーた、Motor magazine、National geographic、Non・no、
Number、Newton、Software design、TOEIC Testプラス・マガジン、
アサヒカメラ、オレンジページ、音楽の友、オートメカニック、
キネマ旬報、芸術新潮、サンデー毎日、週刊朝日、週刊東洋経済、
週刊ベースボール、ダ・ヴィンチ、中央公論、東海ウォーカー、
日経ソフトウェア、日経デザイン、宣伝会議、日経コンピュータ、
週刊エコノミスト、Interface、Harvard Business Review、広報会議、
ジェトロセンサー、web designing、日経情報ストラテジー、
サウンドアンドレコーディング、こころの科学、casa brutus、経済セミナー、
日経Linux、日経エレクトロニクス、日経エンタテインメント!、
日経サイエンス、日経ビジネス、日経ものづくり、文芸春秋、
Moto maintenance、ロボコンマガジン
※購入雑誌のみ

 これらはどうやって選ばれたかというと、
先生たちの推薦やアンケートの中でのリクエスト、
図書館職員が選定したものなんです。

・・・とはいえ、利用者の大多数を占める学生さんとは、
悲しいかな年齢が少し(だいぶ?)違うため、
「はて、今の若者はどんなことに興味があるのじゃろう。ごほごほ」
と苦悩することも多々あります。

そんなブラウジングコーナーの雑誌ですが、
このたびタイトルを見直すことになりました。
6月22日~7月末まで、館内(ブラウジングコーナーなど)で
アンケートを実施しますので、ご協力をお願いします。

例えば「絶対にこの雑誌はやめないで!」と今ある雑誌に対する愛や、
「同じジャンルだけど、こっちよりはこっちのがいいなあ」という代替案、
具体的な雑誌タイトルなんかも教えてもらえるとうれしいです。

ご希望に添えるかはわかりませんが、
貴重なお休みタイムがさらに充実したものとなるよう
参考にさせていただきたいので、
ぜひ皆さんのご意見お聞かせください!!