名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

冬の炬燵にご用心!

図書館の館内巡回業務をしていると、机に突っ伏して寝る方、
リクライニングチェアで寝る方、椅子を二つ並べてそこに寝転がって寝る方、
様々な形で仮眠をとっている方がおられます。
勉強の疲れを癒す為に取る仮眠は大切だと思いますが、
しっかり布団で寝る事が何よりだと思いますので
布団で寝る時間も取れない!なんて事にならないようお気をつけください。

ところで仮眠をとるつもりじゃなくても
眠りに誘う魔物が冬には潜んでいると思います。
そう、それは炬燵。
お風呂上りにちょっとテレビでも…と炬燵に入って、
そのまま寝落ちしてしまった…なんて体験はありませんか?
しかし炬燵は炬燵。良質な睡眠をとる場所であるお布団ではないのです。

良質な睡眠には、眠りのメカニズムが関係しています。
人は眠りに落ちると熱を放出し、体温が下がります。
布団の場合、放出された熱は布団によってとどまり、

相対的に体が温かいと感じる睡眠のリズムができます。
ところが、こたつで寝ると常に熱が放射されているため、このリズムが崩れます。
また、布団なら熱くなったら自然と寝相で布団を剥いだりできますが、
炬燵は目を覚まして抜け出すしかありません。
喉が渇いて目が覚めたりする可能性もあります。

炬燵で眠って疲れがとれた!という方は少ないのではないかと思います。
温かくなる季節まであと数か月、炬燵の出番もあと少しですが、
体の為にも炬燵で寝落ち生活は送らないように気を付けましょう。

ご参考までに「あなたの人生を変える睡眠の法則」という図書があります。
興味をもたれましたらご一読ください。

朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則 /著者:菅原洋平