名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

夏といえば?

毎日暑いですね。
素麺、冷やし中華、冷たい食べ物が美味しい時期になりました。
我が家でも夕食にこれら冷たい麺類がよく並びますが、
夏場によく食べる冷たい食べ物で一番口にするのはアイスです。
先日も夜中にアイスを食べてしまいました。
夜中に食べるおやつってなんであんなに美味しいんでしょう。
それはさておきアイスといえば
アイスクリーム頭痛という言葉をご存知ですか。
冷たいアイスやかき氷を勢いよく食べると
「キーン」と頭に響く痛みです。
とはいえ私はアイスクリーム頭痛になった事がないので
その痛みがよくわかりません。
そこで、どんなものなのか調べてみました。
googleで検索してみると、検索結果にウィキペディアが表示され、
神経の誤認識によって起こると記載がありました。
また、造語か何かかと思っていたら、
ちゃんとした医学用語(ice-cream headache)だそうです。
とすると、学術的なデータベースでも検索できそうなので、
医学・生物学分野のデータベースPubMedで検索してみると、
論文も多く検索されました。
いろいろと学術的な研究もされているようです。
ひとつの論文(というよりコラムですね)では、一般的な対処法として
「舌をくるっと丸めて、裏側を口蓋に押し当てる」
という方法も紹介されていました。
欧米ではそうなのでしょうか?
他にも、頭痛に関する図書や、雑学的な図書などでも、
アイスクリーム頭痛について載っているようです。
調べだすときりがなさそうですね。
アイスなどの冷たいものばかり食べて、
夏バテにならないようご注意を。
<参考文献>
Robb-Nicholson C."By the way, doctor. What exactly happens when I eat something cold and
get an ice-cream headache? Is it harmful in any way?" Harv Womens Health Watch. 2009 Aug;16(12):8.
PMID: 19810282