名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

図書を大切に扱いましょう!

館内でほぼ毎日、壊れた図書を発見します。
それだけみなさんによく利用されている図書の証拠ではありますが、
まだ新しいのにボロボロだったりすると、なんだかちょっと悲しくなります。

ページの破れや表紙の剥れなど、修理の箇所はさまざまです。
図書館で修理可能なものは、修理をしていますが、あまりにひどくて
手に負えないものは、専門業者へお願いしています。
その場合、高額な修理費用がかかってしまいます。
あらためて図書館からみなさんにお願いです。
1.図書を大切に扱いましょう!
中にはとても貴重で入手が難しいものもあります。丁寧な取扱いを心がけましょう。
館内での利用後は返本台にきちんと重ねて置いてください。
特に雨の日は要注意!図書は水にとっても弱いので、濡らしてしまわないようにお気をつけください。
(雨の日は1Fのカウンター前で水濡れ防止用封筒を配布しています。ぜひご利用ください)
2.壊れた図書は、速やかに図書館職員へ!
壊してしまった…!という場合はもちろん、あれ?これちょっと壊れかけ?という図書を発見した時も
職員へすぐお知らせください。
初期段階なら修理も簡単。これはなんでも一緒ですよね?

ちょっとした心がけで図書の寿命もグンとアップします。
みなさんが気持ちよく利用することができるように、ご協力をお願いします。