読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

天体観測


今年3月のリニューアルオープン以来、連日行列ができるほどの人気だという名古屋市科学館のプラネタリウム。
行ってみたいと思いつつ、なかなか都合がつかなくて行けないまま早半年…。
先日やっと行くことができました!
視界いっぱいに広がる満天の星をながめながら、職員さんの生解説で天体を学べる良い機会となりました。
途中でついうとうと…なんて事がありながらも、大きなドームに映し出される星空に、とても癒されました。
普段は忘れがちですが、空には無数の星が存在しているんですよね。なんだか感動してしまいます。
国立天文台のホームページでは、「4D2U」という国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトの一環として、
4次元デジタル宇宙ビューワー「Mitaka」が公開されています。
天文学の様々な観測データや理論的モデルをみることができるというフリーソフトウェアなのですが、
プラネタリウムのような星空を自宅のパソコンで手軽に楽しめるという点もおすすめです。
これをみながら宇宙に思いを馳せてみるのも良いかもしれないですね。
現代人は忙しい…なんてよく言われますが、たまには空をながめてぼーっとする時間もなかなか良いものです。
特に冬は日没が早くて空気が澄んでいるため、天体観測には良い季節なんだとか。
しかも今年は12月10日の夜に皆既月食が見られるんですって!ますます空をみるのが楽しみになりそうです。
ぜひ皆さんも天体観測してみませんか?
----------------------------------------------------------------------
南館2F@Libraryコーナーでは、天文学・宇宙学関連の図書や雑誌を置いています。
DVDは「すばる望遠鏡と日本の宇宙観測最前線」が視聴できます。小特集は、はやぶさ!