名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

機関リポジトリ 

機関リポジトリって、知っていますか?
あまり、学生さんには聞き慣れない言葉かもしれません。
最近では、Googleなどでも検索できるので、すでに利用している方もいるかも知れませんね。

機関リポジトリとは、学内で生産された研究成果を電子的に、収集・保存・発信するシステムのことです。
この説明だとわかりにくいかもしれませんが、名工大の先生方や大学院生の方が書かれた論文や博士論文などを、
データとして保存して、インターネットを通じて全世界に公開する、ということです。

先生方の論文は、学術雑誌などに掲載されているので、電子ジャーナルや雑誌で読むことは可能ですが、
入手が困難だったり、高額だったりする場合があります。
また、博士論文などは、公開する場が少ないのが現状です。
しかし、機関リポジトリは、無償で公開しているので、世界中の誰でも読むことができます。
このシステムを通して、世界中に研究成果をアピールすることができるのです。

現在、機関リポジトリは、他大学でも運用の動きが出て来ています。
今後は、他大学の先生方の論文なども、気軽に読めるようになってくるのではないかと思います。

図書館では、先生方や院生の方から許可を頂いた論文について、
出版社の著作権や掲載条件などを調べて、可能な限り登録するようにしています。
まだまだ、登録件数は少ないのですが、日々少しずつ増えていっています。

図書館ホームページにある、『機関リポジトリ』をクリックして、
先生方や先輩達がどんな論文を書いているのか、一度読んでみて下さいね。



名古屋工業大学学術機関リポジトリ  http://repo.lib.nitech.ac.jp/
JAIRO(Japanese Institutional Repositories Online) http://jairo.nii.ac.jp/
 国立情報学研究所が提供する、機関リポジトリの検索サイトです。他大学の先生が書かれた論文などが検索できます。