名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

アラスカに住む生きもの

友人に借りてその人の本を読んだ時から、私は彼らのことを時折思い出すことがあります。
彼らとはグリズリー。その人とは星野道夫
星野道夫はアラスカを中心とする野生の動物や植物の写真を撮影する写真家で、
グリズリーはそんな星野道夫がよく被写体とした野生の動物の一種です。

生きものたちの宇宙」の生命力に溢れる生きものたちの姿を見ると圧倒されてしまいます。
私がここにいる現在も彼らは厳しいアラスカの大地で力強く生き抜いているのだと思うと、
自分や身の回りに関することなんてどうでもよくなってしまい心の奥から元気が湧いてきます。
どこかに行きたくなるようなとき、ぜひ読んでみてください。
遠いアラスカの自然に思いを馳せるだけで瞬間移動することができることでしょう。
©Tidewater Muse
ちなみに友人は実際アラスカまで行ったのですが、グリズリーではなくオーロラを見てきたそうです。
オーロラは言葉で言い表せられないほど感動的で素晴らしかったと話していました。
オーロラもグリズリーもいずれ自分の目で見てみたいものです。
が、星野道夫はヒグマに襲われて亡くなったから野生の動物はこわいし、オーロラを見ようにも
冬のアラスカは寒いので東山動物園の動物たちを見てせつなさに浸ることにします。