読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

ファインマンさん!

リチャード・P・ファインマン 1918-1988
 "量子電磁力学のくりこみ理論で、1965年、シュウィンガー、朝永振一郎と
  共にノーベル物理学賞受賞。カリフォルニア工科大学などで教鞭をとる。"
  ※受賞詳細(と顔)はコチラから(←ノーベル賞のオフィシャルサイト)
講義内容をまとめたファインマン物理学シリーズは、図書館でも活躍中。
この物理学シリーズの序文には、ボンゴを叩くファインマンの写真が付いています。
なんで?

その他、ファインマンには「ご冗談でしょう、ファインマンさん」、
困ります、ファインマンさん」、「ファインマンさん最後の冒険」など、
え?同じ人?と思うようなタイトルの本がいくつか存在します。

内容は、ロスアラモスの研究所で働いていたときに、
原爆の機密書類が入った金庫を金庫破りしたとか、
ボンゴ(打楽器)プレーヤーとしてダンサーと共演したとか。
はじめての日本、はじめての日本式お風呂で湯川秀樹におこられたとか。
自由人ファインマンのおかしなエピソードが。
一方で、科学に対する考え方を、具体的なエピソードの中で
とっつきやすく説明しています。

気になりませんか?ファインマンさんのこと。

ファインマンに限らず、多くの科学者エッセイや伝記本が出版されています。
発明・発見にまつわるエピソードもさることながら、
ものの考え方や生き方そのものに、学ぶことが多いはず。

現在、南館2F@Libraryコーナーに、ファインマンさんの本や
その他の科学者の伝記、DVDなどを展示しています。

いつもの教科書だけでなく、別の角度から科学者を読んでみる。
おすすめです。

参考文献
R.P.ファインマン.聞かせてよ、ファインマンさん.岩波書店,2009,330p.
R.P.ファインマン.ご冗談でしょう、ファインマンさん2.岩波書店,1986,273p.