読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

附属図書館長から新入生のみなさんへのメッセージです。

新入生の諸君へ
―― 図書館を大いに利用しよう ――

附属図書館長 杉山勝


 

 入学おめでとうございます。大震災の直後で心がまだ落ち着かないかもしれませんが、これからの学生時代、健康に十分注意して、有意義に過ごしてください。

 大学生ともなると、以前にもまして、生活のリズムを自分自身で決める必要が出てきます。私の体験では、4年間は長いようでありながらあっという間に過ぎていってしまいました。自ら課題を設定して一日一日を大切にしてください。専門家になるためには厳しい訓練を地道に行う必要があります。そして入学時に持っていた夢を忘れずに大事にはぐくんでください。

 言うまでもなく諸君は学生であると同時にこの社会を構成する一員です。この社会がどのような歴史的経緯で現在に至っているのか、現在どのような問題を抱えているのか、将来展望はいかなるものであるのか。これらに対して、グローバルな視野から、諸君自身の考えをきちんと持ってほしい。環境問題やエネルギー問題は、まさしく今現在、われわれにつきつけられている問題です。大学で学ぶ自分の専門的知識が社会の中でどのように位置付けられるのかを十分に考え行動してほしい。そして、他の人の気持ちや考えに思いが致せるよう想像力を豊かにし、絶えず自己形成に努めるよう幅広く学んでほしい。

 そのためにはどうしたらよいのか。私のアドバイスはずばり:
   「本をたくさん読んでください。」
   「図書館をキャンパスライフの中心にしてください。」

まずは図書館を気楽に訪れて探検してみてください。いろいろ面白い発見がありますよ。わからないことや要望があれば職員に遠慮なく声をかけてください。それでは図書館でお会いしましょう。