名古屋工業大学附属図書館報「@Library」

「@Library」は、名古屋工業大学附属図書館のブログ版図書館報です。詳細は、http://profile.hatena.ne.jp/nitlib/ をご覧ください。

「データベース利用説明会」を開催します!

5月22日(土)日本最北の稚内で(エゾヤマザクラ)が開花し、ようやく桜前線が終着駅に辿りついたそうです。今年は高知で記録的に早く開花したものの、例年になくのんびり北上。かかった日数は73日と最長記録だそうですよ。・・・と過ごしやすい春が過ぎ、日に日に暑くなってきました。もうすぐ東海地方も梅雨入り・・・。じめじめした季節に気持ちも沈みがちですが、外で活動できない雨降りの日こそ!図書館を上手く活用して研究力UPに役立ててくださいね☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いうことでみなさん。図書館を上手く活用できていますか?「文献データベース」と聞いてピンッ!ときますか?
図書館では、学習やレポート作成、研究に欠かす事のできない情報収集を、より効率よく行うため、文献収集の達人への道・第2弾として、本学学生・教職員を対象とした「データベース利用説明会」を開催します!専門の講師をお招きし「JDreamII・Scopus」の使い方を実習を交えながら丁寧にご説明します。

第1弾「文献収集ガイダンス」に参加してくださったみなさんは文献収集の達人力の更なるUPを目指して、今回初めて参加されるみなさんは達人道への第一歩として、ご参加いただけたらと思います。専門講師の方に質問もできる貴重な機会です!みなさん奮ってご参加ください。

<JDreamII>

日時  6月17(木) 13:00−14:30
場所  講義室2029(20号館2階)
定員  40名
内容  科学技術振興機構が提供する、日本最大の科学技術文献データベースです。
機械、電気、電子、物理、化学、情報、建築等多様なジャンルの科学技術文献情報のほか、医学・薬学関係の文献情報も検索可能で、国内文献だけでなく、海外文献も検索できます。外国語で書かれた文献にも、日本語の抄録(要約)が付いています。。

※実習を行いますので学生証(職員証)をお持ちください  ※定員になり次第、締切ります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<Scopus>

日時  6月25日(金)14:40−16:10
場所  講義室2029(20号館2階)
定員  70名
内容  エルゼビア社が提供する、世界最大級のデータ量を誇る学術情報ナビゲーションツールです。科学・技術・医学・社会科学・人文科学分野の書誌・引用文献などの検索システムのほかに、様々なツールが用意されています。

今回の説明会テーマ: 「これから論文を書く人のために<所録・引用データベースScopusの活用法>
◎よい論文とは?質の高い関連論文を収集して多読したい!投稿するジャーナルを選考したり、論文を執筆する術などなど伝授していただける予定です。

※実習を行いますので学生証(職員証)をお持ちください  ※定員になり次第、締切ります

◎申込方法は、附属図書館カウンターまたは附属図書館ホームページ(http://www.lib.nitech.ac.jp/)にてご確認ください。